FC2ブログ

異種祭祀

異種姦系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スライムテイマーになった訳 おわり

 突然裸になった私に対しても、スライムは無感動な視線を向け続けている。
 私は地面に寝そべり、そんなスライムに向けて手招きした。
「おいで。私のいうとおりに動いて欲しいの」
 その言葉に応じて、スライムが私の傍にやってくる。私はスライムの腕を取ってその身体を引き寄せ、抱きしめた。
 ひんやりとした感触と、ぷにっとした柔らかい抵抗。それらを全身で感じる。
「ああ……やっぱりこの感触、最高だわ!」
 スライムを抱き枕にする。これまで誰も考えなかったのが不思議なくらい、スライムの感触は心地よかった。素肌と擦れるすべすべの感触が素晴らしい。
 私はさらに気持ちよくなるために、彼女に指示を出す。
「その手を使って……そう、それ。私のここを触って?」
 スライムの腕を自分の股間と胸に誘導させる。可愛いスライムは私に言われるがまま、その手を使って愛撫を始める。愛撫、といっても言われた通りに擦っているだけで、もちろん技巧なんてものはなかったけれど、触れあったその身体の感触だけでも十分に気持ちのいい行為だった。
 私はその気持ち良さに酔い、彼女の身体をさらに強く抱きしめる。強く抱きしめられて動きづらかろうに、言われたことを忠実に実行するスライムは、私の秘部と乳房を触り続け、刺激を与え続けてくれた。
「んんっ、いいわ……もっと強く……そう、擦りあげるように……!」
 ねっとりとした消化液の感触はローションのようなもので、擦れ合う際の感触をさらに強く気持ちいいものにしてくれていた。もっと色々改良してそれに近いものを分泌できるようになれば、スライムは夜のお供としても十分な性能を発揮することだろう。
 その時、一生懸命私の身体を擦ってくれていたスライムの腕先が、私の身体の中に勢いあまって入り込んできた。
「ひゃぅん!!」
 そうなるとは思ってなかったから油断していた。私は思わず声をあげてしまう。けれどスライムにはそんなことは関係ない。ただ言われたまま、私の秘部を擦りあげようとする。
 結果として、まるで挿入された柔らかな張り子を激しく上下されているような状態になってしまった。膣の隅々までスライムが満たし、全体を丹念に擦りあげていく。
 気づけば私は大量の愛液を垂れ流しながら、スライムに逝かされてしまっていた。機械的でありながらも、一生懸命動こうという気配は感じられて、とても気持ち良かった。
「これは……いける……!」
 興奮が冷めるにつれて、スライムの消化液によって炎症を起こした体内外が痛み出したので、回復薬をぶっかけて癒やしながら私はそう呟いた。
 これが、スライムテイマーを志した瞬間だった。


「そこからあとはまあ、スライムの地道な改良よね。餌を回復薬オンリーにしてみたり、薬効のあるハーブを食べさせたり、簡単な魔法を覚えさせたり……その結果、いまでは」
 ぱちん、と私が指を鳴らすと、上から降ってきたスライムが私の手の上に落ちてきた。記者さんはびっくりしていたけど、私は気にせずスライムを掌で転がす。
 当然、消化液なんて出していないし、スライムは綺麗な球状になって転がっていた。
「この通り、とても賢くて触れても全然問題ないスライムたちになった、というわけ」
 私が天井に向けてスライムを軽く放り投げると、スライムは自分で身体を伸ばして天井に張り付き、そのまま擬態してインテリアの中に紛れた。
 記者さんが驚いているけど、この意味が本当にわかっているのかしら。
「……という感じかな?」
 私がそう話を切り上げると、記者さんは少し慌てた様子で頷いた。
「は、はい……なんというか、いくつかおかしな内容が混ざっていたような気もしますが……ありがとうございます!」
 そう言って記者さんは頭を下げる。いいのだけど、これだけで記事に出来るのかしら。
「……ところで、あなたが良ければスライムの良さを堪能して貰おうと思うのだけど」
「スライムの良さ……ですか? レンタルしていただけるということでしょうか。それならぜひお願いしようと思っていました! やっぱり実際に経験してみないとですし!」
「いい心がけね」
 私は彼女に朗らかに笑いかけ、そして、彼女の座る椅子に向けて指示を出す。
「そういうわけだから……やっちゃって♪」
 記者さんが反応する間もなく、椅子がスライムへと変化する。いや、スライムが椅子に変化していたのだ。
 急に身体が沈み込んだ記者さんは、メモを放り落としてスライムの身体に飲み込まれる。
「うわっ!? もがっ、ぐ、ぅぅう……!?」
 私は取り落とされたメモを机の上に置きながら、スライムの中で溺れる記者さんに笑いかける。
「大丈夫、その子はうちの中でも上手な子だから。とても気持ちよくなれるわよ」
 もがきながら彼女が何か言いたがっていたけど、あえて無視。
 早速全身への愛撫が始まるのを見て、私は存分に彼女が味わえるように、大きな布を彼女を内包したスライムにかけてあげた。
「じゃあ、ごゆっくり~」
 そして、私は自分の仕事に戻る。
 スライムから解放される時、彼女がどうなっているか――楽しみだ。


~スライムテイマーになった訳 おわり~
 
 
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

夜空さくら

Author:夜空さくら

はじめに
当ブログは異種姦系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
最新コメント
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。