FC2ブログ

異種祭祀

異種姦系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スライムテイマーになった訳 4

 思わず抱きしめたくなる、愛らしい容姿。
 浮かべる表情は無く、無表情ではあるけど、それゆえに純粋さが際立つ。
「かっ、かわっ……! 嘘でしょ、なんでこんなに……っ」
 スライムはきょとん、とした顔で私を見ている。『魅了』は相手に好感を抱かせ、結果的に言うことを聴かせる魔法だ。それをかけているゆえか、スライムからは敵意を感じず、本当に無垢な少女がこちらの様子を伺っているような、そんな錯覚が起きる。
 抱きしめそうになるのを堪えて、私は一端スライムから離れて深呼吸を行う。
「あ、あぶなかった……と、とにかく実験しないと……」
 私は掌の防御魔法を解除し、スライムにそっと触れる。狙いが正しければ……。
「……んっ……うん、やっぱり。まだちょっと刺激は感じるけど……これなら平気ね」
 人型になっても、スライムの本質は変化していない。それゆえ、彼女の体表面からは相変わらず消化液が分泌されている。
 けれど、スライムの消化液の、酸以上にあらゆるものを溶かす力は魔力によってなし得ているもので、普通のスライムは体内の魔力のほとんどをその消化液に使用していた。
 けれどいま、このスライムは私が教えた『変化』の魔法を使っているため、消化液の方に魔力が回らず、結果として多少ぴりっとする程度の威力の弱い消化能力に落ち着いていた。
「よしよし……あとは魔力の扱い方を覚えさせれば行けそうね……」
 さらにこれで消化液を無効化する他にも、いい影響がスライムには出るはずだった。
 魔物という存在が総じて知能が高くなる理由に、魔力の存在がある。
 人間でも、魔力が強く、魔法使いという専門職につくような人間は、周りよりも遥かに頭がいいことが知られていた。それも魔力の影響だと言われている。
 その中で、スライムが知能の低い魔物なのはなぜか。それはスライムの魔力が消化液に消費され、ほぼ垂れ流しの状態にあるためだ。魔力の影響で知能が高まるのにもある程度の時間がいる。それもなく垂れ流してしまうため、スライムは頭が良くならないのだ。
 一方、『変化』の魔法を覚えたこのスライムはどうか。魔力は常に『変化』によって消耗されているけど、それは消化液の時と違ってちゃんと身体に留まっている。
 体内に留まっているのなら、その影響が身体に出ないわけもなく、スライムは徐々に賢くなっていくことが考えられた。どの程度賢くなるかはわからないけど、ちゃんと自我が芽生えるくらいに賢くなることは十分に考えられた。
 賢くなれば、色々とさせることが出来る。
 軽い荷物運びや、動物などに対する囮としては優秀な存在となるだろう。なにせ物理的な攻撃はスライムにはほぼ聞かない。噛みつけば消化液という毒を身に纏っているから、大ダメージを受けるのは噛みついた方だ。
 それに、私はスライムの身体の感触を確かめた時から、ある目的に使ったならとても気持ちいいことになるのではないかと思っていた。
 私はその思いつきを試すべく、スライムの目の前ですべての服を脱ぎ捨てる。

つづく
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

夜空さくら

Author:夜空さくら

はじめに
当ブログは異種姦系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
最新コメント
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。